標準的な費用とは

もし遺言者が亡くなった場合、その遺言内容を実行するために遺言執行手続きをする必要があります。この遺言執行手続きは、遺言執行者によってなされます。遺言執行者は、相続財産の管理を行わなければなりませんし、遺言の内容も実現化しなければなりません。したがって遺言執行手続きは、銀行や専門家である弁護士や司法書士が行うことが多いです。
遺言執行者に対して支払う額は、一律に決まっている場合もありますが、相続財産の規模に応じて変動する場合があります。銀行が遺言執行者だった場合の標準的な費用は、相続財産の1~3%となってることが多いです。弁護士の場合は、額が一律なら20万円~100万円程度、規模に応じるときは相続財産の1~3%程度となっている事務所が多いです。司法書士の場合は、一般的に額が一律なら30万円程度、規模に応じるときは相続財産の1%程度と言われています。なお専門家の種類によって標準的な額に差はありますが、遺言執行手続で行う基本的な作業は、どれに頼んでも基本的には同じです。ですが、もし相続人同士で遺産相続について揉めた場合、弁護士なら訴訟対応が迅速にできるというメリットがあります。司法書士の場合は、対応できる範囲に限りがあります。また銀行の場合は、安心して任せられるというメリットがあります。

Comments are closed.