遺産分割手続き

被相続人が死亡した場合であって、その遺産を受け取る資格のある相続人が複数存在しているときには、そのままでは遺産は共有名義となってしまい、処分する際にいちいち他の相続人の承諾を求めなければならないなど、たいへんめんどうになります。
そこで、一般的には相続人全員が集まって、遺産を相続人のなかの誰が、どのような割合で取得するかを話し合うという、遺産分割協議を行うのが通例です。
協議に先立っては、まずは相続人を特定する必要がありますので、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本をそろえて、相続権のある人をすべてピックアップします。
その上で、被相続人のもっていた現金、預貯金、不動産、株券、国債・社債などのリストをつくり、遺産のほうの特定も行います。
これらをもとにして話し合いを行い、合意をすれば協議書とよばれる書類を作成し、そこに相続人全員で署名、捺印をして終了となります。
特に、不動産の相続登記などの場合には、証拠としてこの書類を添付して申請をしなければなりませんので、必ず作成しておくとともに、添付書類として相続人全員の戸籍謄本や印鑑登録証明書、住民票なども取り寄せることになります。
協議が不調であった場合については、家庭裁判所への申立てによって、調停または審判に付して、遺産を適切に分割することになります。

Comments are closed.