相続人の調査について

故人が亡くなったあとの財産を相続人が相続するのですが、相続は法定で認められている人でなければなりません。財産を相続するのは誰なのかということが、はっきりしていなければならないのです。
家族内で、わかっているということではなく、確実に確定するためには、調査を行います。
故人の出生から死亡までの戸籍謄本を取り寄せれば、確実にわかるのです。
この調査は大変重要で、無論、相続する人自身が、役所から取り寄せることも出来るのですが、これが慣れていないと、想像以上に大変だったりすることもあります。
細かいところまで把握出来ず、とまどったり、時間がかかってしまうこともしばしあります。
そのため十分な結果に辿り着くのに時間がかかってしまうこともあります。
そうならないために、司法書士や行政書士に依頼する、というのもよく利用される一つの方法です。調査の結果で、相続する人が確定すれば、次に進むことが出来ます。つまり、遺産分割です。
遺産分割をするには遺産分割協議をし、遺産分割協議書を作成しなければなりません。
遺産分割協議書を作成して、初めて相続の手続きに入ることが出来るのです。なるべく、簡潔に済ませたいと考えるなら、法律の専門家を利用することも出来ます。花03

Comments are closed.