相続財産の調査と財産リスト

遺産の相続の問題で揉める事が良くありますので、公平に分配する為に法定相続分が定められています。
しかし、相続人全員が合意すれば、遺産をどう分配しても良いのです。
話し合いで決める事を遺産分割と言い、現物分割と代償分割、換価分割があります。
その遺産分割をする前に、大切な事が相続財産の調査と財産リストを作る事です。
家族に知らせていない財産があるかも知れませんし、借金があれば放棄する事を考えなければいけません。
どんな遺産がどの位あるのかを知る事で、財産の分割の仕方が変わって来ます。
相続税の申告漏れを防ぐ事も出来ますし、相続税の計算もする事が出来るでしょう。
まず初めに、亡くなった人の預金通帳や土地建物の権利書、株券や有価証券、借用書や契約書などの持ち物を調べます。
預金通帳などは、記帳しに行くか窓口などで残高が確かめられますが、事前に必要な物があるのかどうかを確かめて下さい。
土地や建物などの不動産場合、不動産を管轄する法務局で不動産登記簿謄本を取得しますが、土地と建物は別々になりますので、注意しましょう。
生命保険金や退職金、なども確認して下さい。
相続人に手間をかけさせない為にも、財産がある人は、亡くなる前に財産リストを作成しておけば、安心です。

Comments are closed.