遺言執行手続き

遺言に書かれた内容を実現し、無事に相続を終了させるためには、遺言の執行手続きをしなければなりません。その際には、あらかじめ手続きを実行する専任者を選んでおく必要があります、これを遺言執行者と呼びます。遺言の開封時に指定がされていればその人がなります。指定されていない場合、相続人が一人だけならその人が執行し、複数いるのであれば相続人の間で協議を行い執行者を選任します。まとまらない場合、家庭裁判所に申し立てをして選任することもあります。
執行者は、単独で相続財産を管理し執行手続きを行うためのすべての権限を持ちます。複数の相続人の中から選んだり、特定の利害関係者と親しい間柄の人を選んだ場合などは、遺言の執行が適正になされているか疑いを持つ者も現れるかもしれません。弁護士など、公平中立な立場の第三者から選任することが望ましいでしょう。
執行者は、まず被相続人の戸籍を取り寄せて相続人を確定します。必要に応じて遺言書の検認手続きや、財産目録の作成を行います。相続人や受遺者への通知手続きも行います。そして実務作業として遺言内容を実現するために、金融機関での預貯金の払い戻し手続き、不動産の名義変更手続きなどを行って財産を分割し各相続人のものとします。
すべての手続き終了後に、報告書を作成・送付して執行者の仕事は完遂します。花05

Comments are closed.